大阪ナンパ講座激安格安

2016年10月12日

ナンパ小技73 - 「どこいくの?」等、断り文句を誘発するワードは使わない!

nanpa_kotowari.jpg

「どこいくの?」などと先の話をするから先に予定があるという断り文句を誘発させてしまう。
それならば、未来ではなく過去の話をしてしまえばいいのだ。



ナンパの定番セリフとして
「ねぇねぇ、どこいくの?」
「これからなにするの?」
「ちょっといいですか?(今時間ある?)」

と、はじめに言っている人が多いと思うが、これ、僕はあまりオススメしない。
なぜならこれらのワードは断り文句を誘発しやすからだ。
これらをよく使う人なら心あたりがあると思うが、
例えば
「どこいくの?」⇒「今から帰るんで」
「なにするの?」⇒「待ち合わせなんで」
「ちょっといいですか?(今時間ある?)」⇒「急いでるんで」
などと条件反射的に断られてしまう。
「ちょっといいですか?」に至っては、もう断ってくれと言わんばかりだ。

ナンパは断られてからがスタートだという考え方もあるし、僕もそれは強くは否定しないが、
なるべくならば断られず話を進めた方が良いのは言わずもがなであろう。
かといって相手の女の子の現状を把握しておきたいのも、又確か。

では、どうすれば良いのだろう。
これらのワードの共通点といえば、未来の事について尋ねている事だ。
先の話をするから先に予定があるという言葉(場合によっては嘘)を誘発させてしまう。
という訳で、単純な話、未来ではなく過去の話をしてしまえばいいのだ。

「どこいくの?」は「買い物してたの?」「仕事帰り?」等にしてしまう。
「なにするの?」は「今日なにしてたの?」もしくは「今何してんの?」
「ちょっといいですか?」に関してはもう言わない。もしくは「ちょっといいですか」の後にすぐ他の言葉を付け足す。

「買い物してたの?」「仕事帰り?」から、いきなり「今から帰るんで」とは言いにくいし、
「今日何してたの?」「今何してんの?」」から、いきなり「今から友達と合うんで」という話しにはなりにくい。まぁ、全く無いとわけではないが、確率は減る。

「ねぇねぇ、どこいくの?」などは割とナンパの定番セリフとして定着してしまって、そういうもんだと使い続けてる人も多いと思う。
まだ誘ってもないのに断られてばかりだなーと感じる人は、少しだけ工夫をしてみよう。


■ ■ ■


今更ながらTwitterはじめましたので、ぜひフォローしてやってください。
https://twitter.com/Fukuyama_Chinge

■ ■ ■



私、福山ちんげはるの大阪ナンパ講習、受講者様を募集中です。(多分)業界最安値!平日2時間6995円!参加者様この一年弱で関西最大級のべ約200名様
平日・土日祝日対応・場合によっては当日対応も致します。
ブログタイトルが「40代、ナンパ DE 婚活」となっておりますが、若い人でも全然OK!
もちろん30代40代の方もお待ちしております。
通常の声かけ方法は勿論、彼女作り・クラブ講習(2回目以降のみ承ります)・ファッション講習・大阪ナンパスポット案内・激安携帯二台持ち提案など細かい注文もお引き受けいたします。
しつこいくらい丁寧、かつゆる〜く教えさせて頂いております。お気軽にご応募ください。
詳しくはこちら→http://c35again.seesaa.net/article/428822909.html

試験的に京都ナンパ講習も始めました。
京都講習は1回以上大阪講習を受けて下さった方限定で、平日2時間8995円、土日祝2時間9995円で延長1時間3000円です。なるべく安くしたかったったのですが、交通費と移動時間を考慮し心苦しくも大阪より割高にさせて頂きました。1回以上大阪講習を受講して下さった方でご興味ある方はお問い合わせください。暫くしたら正式に告知します。(告知後、値段変更等があるかも知れません)
いままで一度も受講されていなくて、京都でのナンパ講習を希望される方は、一回目は大阪までご足労頂き受講して頂ければ、その後ご希望があれば京都で受講することも可能です。
お手間とらせて申し訳ありませんが、暫くこの条件で宜しくお願いします。

 にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ



posted by 福山ちんげはる at 13:33| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ小技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
斬新な切り口ですね。興味深いです。
ただ、相手のこれからの予定、目的地を聞かない
ことによるデメリットもありませんか?
例えば、会話量の調節です。相手の目的地が近か
った場合、それを知らずにじっくりトークをして
いれば、打診もしていないような段階で打ち切ら
れてしまうかもしれません。
予定、目的地を早い段階で知ることで、要点に絞
ったトークにするのか、たっぷり時間をかけたト
ークにするのかの切り替えができると思います。

言い方によるでしょうけど、そもそも「帰る」や
「待ち合わせ」は断り文句でしょうか?
「家で皆が待ってる?愛されてるね」や「友達も
ワクワクしながら待ってる」などと、ちょっとズ
レた切り返しで小さな笑いを取りつつ「じゃあ、
あと○○分だけ話したい」と提案すれば、トーク
のステージには上がってくれそうですけどねぇ。

Posted by うぇ at 2016年10月13日 02:15
ありがとうございます。
そもそも切り返しって基本的には窮地に陥ったときの為のものが多いですよね。うぇさんが色々なアイデアをもっていらっしゃるのも、そうやって断られた末に、窮地に陥った末に考え出したものだと思います。
本文の方にも書きましたが、断り文句を切り返していくスタイルも否定する気はありません。僕もそうなってしまう場合が多いですからね!(そして切り返しの練習もしておくべきだと思っています)
それで会話も成り立つ事はもちろんあります。
しかし、わざわざしょっぱなから、その窮地に自ら陥る事はないと思うんです。
相手が急いでいるかはうぇさん慣れていらっしゃいそうなので相手の態度を見れば大体判りますよね。それでも目的地を知りたければ過去の話やそのほかの話しで、ひっぱるだけひっぱって、もしくは盛り上げるだけ盛り上げて、様子をみてタイミング計って聞くと良いと思います。相手に充分判断機会をあたえていますので条件反射的に断られる事は無いと思います。
慣れないトークになるでしょうから最初は窮屈に感じると思いますけど、機会があれば一度試してみることをお勧めします!
Posted by 福山ちんげはる at 2016年10月13日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442741825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック