大阪ナンパ講座激安格安

2016年01月26日

ナンパ小技56 - 福山ちんげはる流、ホテルや家への誘い方

nanpa_hotel.jpg


忘れてはいけない。我々がしていることはナンパだ。普通に出会う人たちが数ヶ月かけて縮める距離を、出会って一度や二度で縮めようとしているのだ。


確かに、きっちりなごんだ後に満を持してホテルや家へ誘った方が成功率は高い。
しかし前回の記事に書いたように、なごむのはセックスをする為のウォント条件に過ぎなくて、それほど上手くできていなくてもホテルや家に誘うことはできる。
毎回なごむことに躓いて、または誘う勇気が出なくて、マスト条件である「ホテルや家に誘うこと」をしていなかったら、今後の上達は望めないのだ。
更には、誘うことでお互い心の内をさらけだした会話ができるようになり、今後の上達だけではなく、今、目の前に居る女を口説く事に対しても有効と言える。
という訳で、今回はなごみ方についてはすっ飛ばして、特に「誘い方」にスポットをあてようと思う。

本当に僕がよく使う誘い文句は今は秘密にさせて頂くが「ホテル 誘い方」などでググれば、あほ程出てくる。

「静かなところで飲みなおそう」
「カラオケいかない?」→「カラオケボックスは嫌いなんだ」
「ふたりきりで映画みよう」
「まだまだ一緒にいたいな」
「ふたりっきりになれるところへ行こう」
「ホテル(家)いこう」


幾つか抜粋してみた。上ほど間接法、下に行くほど直接法と言ったところか。
セリフ自体には問題はないと思うが、これらのセリフが載っているWebサイトには大きな難点がある。
それは一発でホテルや家に誘おうとしている事だ。
忘れてはいけない。我々がしていることはナンパだ。普通に出会う人たちが数ヶ月かけて縮める距離を、出会って一度や二度で縮めようとしているのだ。そして共通の知り合いが居ないので、少々しつこい位ならば問題はない。
数段構えで誘おう。それで駄目なら二度三度と誘っても構わない。と言うかそれくらいしないと女は付いてこないことが多い。

さて、具体的に説明しよう。
まず、カフェや居酒屋で、間接法で誘い様子をみてみよう。上記でお勧めは「まだ一緒にいたいな」かな。
少し付け足し、「今日は話せてすごく楽しかった。まだ一緒にいようよ」
と少し強引な感じの方が良いかも知れない。ナンパだからね。これで女はホテルや家にさそわれる可能性も頭によぎると思う。
反応をよくみて大丈夫そうであれば、手を握ってみる。店内ででもいいし、店を出てからでもいい。まだ一緒にいてくれそうな雰囲気であれば、ここまではまず行けるはず。
店内にいるならば店を出て、また手をつなぐ。
そして「次どこいこかな」「寒いよねえ」みたいな話しはしておいた方が良いだろう。
(言っちゃいけないのは「次どこいきたい?」。女が抱かれたがってると確信した時以外は言っちゃダメ)
歩きながら肩か腰も抱いてみる。それで拒否られなければ、
上に抜粋した例文なら
「ふたりっきりになれるところへ行こう」
あたりがお勧め。言ってみよう。
これでトボケられたり、軽く拒否されたりしたら、
肩を抱く腕に力をいれたり、頭を抱きよせてから真顔で
「ホテル(家)いきたいんだ」
くらい言ってみるといい。
YESは勿論、無言でもOKのサインだ。そのままホテルへGOだ。おめでとう。

ま、こうは上手くいかないことも当然ある。
「ふたりっきりになれるところへ行こう」
と言って、女が不快感を表さないで強めに拒否してきたら
「え?カラオケだよ?なんだと思った?」
と冗談めかして言う。カラオケに入って暫くしてからまたホテル打診をしよう。慣れないうちは30分〜1時間くらいはみておいた方が良いだろう。
カフェや居酒屋にいる時点で、あらかじめ音楽の話をして、それからカラオケの話をしておくとカラオケ打診もスムーズにいく。
女と曲の趣味が合わなかったり女がカラオケが苦手というなら、マンガ喫茶・ネットカフェでもいい。その場合もカフェや居酒屋でマンガや映画の話をしておく。ビリヤードやダーツや卓球台を置いている店もあるので、その話でも良い。
(僕はいちいち金かかって嫌だし程度の低い店だとバーテンが鬱陶しいのであまり使わないが、BARなどのカウンター席でも良いだろう。それなら誘いやすいので必ずしも先にBARの話題を振っておく必要はない)
カラオケボックス、漫画喫茶、BARに入ってからの流れは、長くなるのでまたそのうちに記事にするけど、
ざっくり言うと、それらはスキンシップをはかりホテルや家打診をする場所と割り切るって事。それらはその為のみに存在するのだ。
(言うまでもないとは思うが、無理やりスキンシップするのは駄目)

カラオケ等でホテルや家に誘ってみて、YESは勿論、無言でもOKのサインだ。そのままホテルへGOだ。おめでとう。
誘い文句を強く拒否されたら、理由を聞いて、それに納得できたら潔く諦めよう。「悪かったね。焦りすぎた。反省反省!ガンガン歌おうぜ!」くらいの事を言っておこう。
その後普通に楽しくやれたら、決してホテルや家に誘ったことはマイナスにならない。次のアポは取れる可能性はそれほど下がらない。そして、次のアポを取ることができれば、女はホテルや家に誘われるということ前提で来てくれるので成功率は格段に上がるだろう。ほら、プラマイプラスだ。

今回は誘い慣れていない人の為に簡単な方法をざっくり書いてみたが、ある程度慣れてる人でも誘い切れていない人はいるんで、「必ず誘うこと」を心掛けて欲しい。驚く程に率は上がるはずだ。それもそのはず、可能性ゼロからプラスになるんだから。
細かい肉付けは慣れてからで良いので、まず大事なのは勇気をもって堂々と誘ってしまうこと。曖昧なままフェードアウトは良くない。失敗・成功どちらでもいいのできっちり体験をして、今の相手でも他の相手でも良いので次に繋げよう。

■ ■ ■


いずれ記事にするかも知れませんが、カラオケ等での口説き方のもっと細かい説明をいち早く聞きたい方は是非とも福山ちんげはるのナンパ講習へ!
私、福山ちんげはるのナンパ講習、受講者様を募集中です。
丁寧かつゆる〜く、教えさせて頂いております。お気軽にご応募ください。
一回限りのコンパや婚活パーティに同じ金額使うより、一生ものの勇気と技術を!
詳しくはこちら→http://c35again.seesaa.net/article/428822909.html

 にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ




posted by 福山ちんげはる at 06:13| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ナンパ小技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今回の画像はエロくていい感じですね!
それはともかく、ちんげはるさんの必殺の一撃が気になるところです!
ブログに書く予定はありますか?
僕自身はやっぱり断られたときの気まずさを考えてしまうんですが、そういうメンタル的なところはどうしたらいいですか?
Posted by ろいやる☆てろりすと at 2016年01月27日 16:17
>ろいやる☆てろりすとさん
決め台詞的なものはあるにはあって、いずれ書くかもしれません。
ただそれを言える状況にもっていかないといけないので、難しいかも知れません。その人のキャラにもよります。そしてその言葉も当然完璧じゃありません。なんてことない言葉です。必殺の言葉なんて存在しません。
それよりもまずは今回書いたようにやるべき事きちんとやりきることがまずは大事だと思います。

気まずさに関してですが、今回本当はもっとズバッと切り込むように口説くやり方を記事にしたかったのですが、
はじめだと少し難しいかなと思って僕がかつて時々やっていたクッションを入れた口説き方のコツを書きました。
クッションっていうのはこれにあたります→「今日は話せてすごく楽しかった。まだ一緒にいようよ」
どちらとも取れない言い方をして、様子を観察して行けそうなら誘い文句を続けます。
これでも女々しくてあんまり格好いいとは思えません。ただ楽だろうなと思って書きました。
厳しい言い方かもしれませんが、これはほんとうに最低限で、これくらい出来ないと女を口説くことはできません。気まずくてもそれに慣れないといけません。回数こなせば確実に慣れますので頑張ってみてください!

写真いいとこついたでしょ!?
Posted by 福山ちんげはる at 2016年01月27日 21:29
誘う勇気は大事なことですよね。草食系男子が多く、誘いたいけど誘えない男性多いですからねえ。
Posted by 大阪のおっちゃん at 2016年01月29日 16:13
おはようございます。

確かに誘わないとだめですよね。おっしゃるとおりです。
とりあえずダメ元でも言ってみるところから始めます!
ありがとうございました!

画像の方も期待してます!
Posted by ろいやる☆てろりすと at 2016年01月30日 06:24
>大阪のおっちゃんさん
そうですね!よくよく聞いてみると誘ってない人多いんですよ。
計画立てて流れ作って口説くという、ナンパ塾とかナンパテキストの弊害というか。言ってることはとても正しいと思うのですが、誰しも通る道を飛ばしたらやっぱり駄目だと思うんですよね。
最初はまずどんな形でも誘ってみて、その後考えるスタイルの方がいいと思います。

>ろいやる☆てろりすとさん
頑張ってください!応援してますよ。
画像は見つけてくるだけなんで、僕は簡単ですけど、撮る人凄いですね!
ちょっと生々しい路線で暫くいってみます!
Posted by 福山ちんげはる at 2016年01月31日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433009640
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック